医療法人水ノ江医院 内科・小児科・血液内科・緩和ケア内科

お知らせ

【随時更新】現在流行している病気

福岡県内の病気の流行は以下の通りです(5月2日までの集計)。

感染症は全体に少なめの状態が続いています。

(※今回の報告は連休のため検査数が少なかった影響があります)

季節外れのRSウイルス感染症の流行は続いています。

依然として全国平均と比べてもずっと多く、ここ数年で最も多い年の流行期と変わらないレベルです。

通常は秋頃から流行する疾患で、乳幼児の肺炎の大きな原因として知られています。

2歳までにほぼ100%が感染すると言われておりますが、1歳未満では重症化に注意が必要です。

乳幼児にとっては新型コロナウイルスよりも怖いウイルスかもしれません。

当院では鼻から綿棒を入れて検査をすることが可能です。

 

アデノウイルス・溶連菌の感染症も例年並みとなっております。

溶連菌は腎臓に後遺症を残す場合がありますので、適切な対処が必要です。

 

新型コロナウイルスの新規感染者数は増加が続いています。

そして、福岡県も緊急事態措置の対象となってしまいました。

飲食店等へは休業要請がなされており、不要不急の外出は自粛が求められます。

各個人でも感染予防を継続しましょう。

マスクは材質により性能が異なります。特にウレタン製のものは効果がやや劣りますので、出来るだけ不織布製のものを使いましょう。

 

当院は新型コロナウイルスの診療・検査医療機関として対応しており、新型コロナウイルスの検査は原則として車内などの院外で実施しております。

仮に陽性の方が出た場合でも他の患者さんとは接触しないように配慮しております。

検査をご希望の方はまずはお電話等でご相談ください。

 

新型コロナウイルスワクチン接種に関するお問い合わせが増えています。

那珂川市は指定された場所での集団接種となります。

高齢の方から順に案内文書が郵送されておりますので、受け取られましたら予約をお願いいたします。

尚、福岡市にお住いの方で当院がかかりつけの方もおられますが、当院では接種できない状況です。

自治体ごとに体制が異なるためご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。