医療法人水ノ江医院 内科・小児科・血液内科・緩和ケア内科

医師紹介

院長
大德 真也Shinya Daitoku

水ノ江医院の二代目院長に就任しました大徳です。
水ノ江医院を新たに開院するにあたり、これまでの水ノ江医院がどの様な存在であったか、そしてこれからはどの様な存在であるべきかと必死に考えました。昔から当院に通って下さっていた方々からは「水ノ江さんに全て診てもらっていた」「水ノ江さんに行けば大丈夫」という声をたくさんいただきました。これら地域の皆様からの信頼にお応えするため、『皆様に「確かな医療」を提供する』をコンセプトとして診療することとしました。
『皆様』について。内科・小児科医院には老若男女様々な方々が来院されます。その皆様に快適に来院いただくため、入口はバリアフリーに変更し、土足のまま、車椅子やベビーカーのままで入れるようにしました。また、お子様用の設備を充実させ、待ち時間を楽しく過ごせる様に工夫しました。これからも皆様に寄り添う医院であるために努力していきます。
『確かな医療』について。医院の本質は来院された方々それぞれに適切な医療を提供することだと考えています。例えば、薬を飲むことで血圧やコレステロール、血糖を下げることは簡単です。しかし、これら生活習慣病の治療は日に日に進歩しており、本当にその薬が患者さんにとってベストか否かはじっくりと考える必要があります。私は総合内科専門医として、患者さんの全身の状態や経済力を考慮し、皆様にベストな薬を選択する事をモットーに診療しています。そのため、少し話が長くなる事があるかもしれませんが、お付き合いいただければと思います。内科は全身を扱うところです。どんな些細な体調の変化でも気軽に教えていただきたいと思っています。どんな話でも最後までしっかり聞きますので、遠慮なく話しかけてください。院長が若輩者では心配と思われるかもしれませんが、持ち前の真面目さでカバーしたいと思っています。
新しい水ノ江医院は、これからも「水ノ江さんに行けば大丈夫」と言っていただけるような医院を目指します。また、地域の皆様だけでなく、医療関係者からも選ばれるような高いレベルの医療を提供していきます。どうぞよろしくお願いします。

経歴

1982年(昭和57年)鹿児島県鹿児島市生まれ
2001年(平成13年)私立ラ・サール高等学校卒業
2007年(平成19年)九州大学卒業
2007年(平成19年)九州大学病院 初期研修医
2009年(平成21年)浜の町病院 血液病科 レジデント
2010年(平成22年)九州大学大学院 病態修復内科学(第一内科)
2014年(平成26年)九州大学病院 遺伝子・細胞療法部
2015年(平成27年)福岡東医療センター 血液内科
2018年(平成30年)福岡赤十字病院 血液・腫瘍内科
2019年(平成31年)医療法人 水ノ江医院 院長
大德真也の写真
資格など
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本血液学会認定血液専門医・指導医
  • がん治療認定医
  • 緩和ケア研修会修了
  • 難病指定医
  • 医学博士
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本血液学会
  • 日本輸血・細胞治療学会

小児科医師

「2020年9月〜2021年3月」は非常勤医師による臨時の診療体制となっております。 主にママさんドクターによる診療となっておりますので、子育ての相談などもお気軽にどうぞ!

前院長
水ノ江 昭英Akihide Mizunoe

当院の開設者である前院長・水ノ江 昭英が、2020年3月2日に80歳の生涯を閉じました。生前は多くの皆様に多大なるご厚意を頂戴し、誠に有難く存じ上げます。また故人の意向により、皆様へのご報告が大変遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。

今後も故人の遺志を忘れることなく、より良い医療を目指して頑張っていく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます(大徳 真也)。

経歴

1940年(昭和15年)福岡県福岡市生まれ
1966年(昭和41年)久留米大学卒業
1967年(昭和42年)久留米大学医学部大学院(第三内科)
1971年(昭和46年)川島胃腸クリニック 副院長
1973年(昭和48年)国立小倉病院 循環器科
1975年(昭和50年)外務省医務官(海外協力事業団)
1976年(昭和51年)平の山病院 副院長
1979年(昭和54年)水ノ江医院 開業
水ノ江昭英の写真