医療法人水ノ江医院 内科・小児科・皮膚科・血液内科・緩和ケア内科

お知らせ

糖尿病は何が問題?

「糖尿病」ってどんな病気でしょうか?
おしっこが甘くなる病気?
甘い物を食べ過ぎたらなる病気?
結局、糖尿病になったら何が問題なの?
意外と知らない糖尿病に関して書いてみたいと思います。

 

我が国の糖尿病患者は、強く疑われる人が約700万人、可能性を否定できない人を含めると約1400万人と推計されています。糖尿病はひとたび発症すると治癒することはありません。発症の予防・早期発見が重要です。

 

糖尿病とは、インスリンの作用不足により慢性的な高血糖状態となる病気です。
1型と2型がありますが、生活習慣病なのは2型です。

 

インスリンは血糖値を下げるホルモンとして有名です。
インスリンにより血糖は消滅する訳ではなく、細胞に取り込まれます。
つまり、インスリンは血糖値を下げるというよりは、体に栄養を取り込むためのホルモンということです。

 

食事を摂ると、血糖値が上がります。
それに反応して、体内ではインスリンが分泌されます。
そして、血糖は全身で栄養分として利用されていきます。
食事をいっぱい摂ると、その分インスリンがどんどん分泌されます。
そして、余計に取り込まれた栄養分は内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられていきます。
脂肪が蓄積すると、血糖を上手く細胞に取り込めなくなる事が知られています。
結果として、インスリンはたくさん分泌されているのに、血糖値が下がりにくくなります。
これを「インスリン抵抗性」と言います。

 

インスリンは膵臓で作られているのですが、無限に出てくる訳ではありません。
特に日本人はインスリンの分泌が低下しやすいと言われています。
インスリンの分泌が低下してくると、体は糖分を取り込めなくなります。
その結果、血糖値は高くなり、体は痩せていきます。
つまり、糖尿病を治療しないでいると、一度太り、そして痩せていきます。
糖尿病は摂取する栄養分が多いと発症します。
それが甘いものかどうかは関係ありません。

 

糖尿病になると何が問題なのでしょうか。
血糖値が高い状態が続くと、血管の内側の細胞がダメージを受けていきます。
その結果、全身の様々な臓器に影響が出てきます。
これこそが糖尿病の問題です。
尿中に糖が出るのは血糖値が高いことを反映しているだけで、それ自体は問題ではありません。

 

ダメージを受ける血管を大きく分けると大血管と細小血管に分けられます。
大血管は主に脳、心臓、足の血管です。
それぞれ脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症の原因となります。
細小血管は主に眼、腎臓、神経の血管です。
それぞれ糖尿病性網膜症、腎症、神経障害の原因となります。
その他にも足の障害や歯周病、認知症も増える事が知られています。

 

糖尿病になるとどのような症状が出るのでしょうか。
実際のところ、初期には全く症状はありません。
症状がなくても血管のダメージはどんどん進んでいきます。
これが糖尿病の恐ろしいところです。
糖尿病が進行してくると喉の渇き、飲水量の増加、尿量の増加を認めるようになります。
さらに悪化すると体重がどんどん減るようになり、嘔吐やだるさなどを認める場合があります。
血管のダメージは元に戻ることはありません。
症状が出る前に治療を開始する必要があります。

 

糖尿病の治療薬にはインスリン抵抗性を改善するものやインスリンの分泌を促すものなどがあります。
飲み薬で十分な効果が得られない場合には、インスリンの注射が必要になります。

 

糖尿病にならないためには、食べ過ぎないようにすることです。
また、健診で血糖値が引っかかるような時には症状がなくても病院を受診するようにしましょう。